トップページ ≫ リクルート ≫ 先輩の声

リクルート

サルナートの森幼稚園で働いてみて感じること

・沢山の農園活動を通して、季節のものに実際に触れる生きた体験ができるので、子どもたちの発想や表現力、感受性が豊かです。あたたかい気持ちになる子どもたちのつぶやきをたくさん聞ける。

・大きな行事など、努力が必要になることは沢山あるが、一人で抱え込むのではなく、周りの先生からアドバイスをもらったり、相談したりして、乗り越えられるように導いてくれる環境がある。また、どんなにきついことがあっても子どもの姿を見れば「頑張ろう」と思えるし、子どもの成長を感じられた時や保護者の方に感謝された時に「やってよかった」と思える。

・教諭が保育に意欲的で向上心がある。手間や時間を惜しまない分、知識がたくさん身に付く。

・職員同士、良い人間関係を築けているので、前向きに頑張れる。

・一人担任だが、同じ学年同士で相談し合ったり、一日の流れを確認し合う環境が整っているので、安心して保育ができる。

・教諭自身が幼稚園の教育目標を身に付けているので、挨拶や「ありがとう」「おつかれさま」と積極的に声を掛け合い、お互い尊敬し合っている。

・自分のしたいことや思いを出し合える環境があり、毎年新しいことに挑戦できる。

その為の研修体制もしっかりしている。

・毎日楽しく、充実感を感じながら保育ができる。

・育児経験のある先生もいらっしゃるので、保育に活かすことができる。

平成29年度採用 深町先生

r2017052202
私は、このサルナートの森幼稚園で見学、自主実習をし、園の温かい雰囲気と、
農園での活動にとても魅力を感じました。そこで採用試験を受けさせてもらい、採用して頂きました。
実際に働いてみて、想像していた以上にきつい事、落ち込む事もありましたが、その時に支えてくれて、
丁寧に指導して下さる先生方がいます。何度も失敗し、なかなか上手く出来ない
私に「大丈夫だよ!」「できるようになるから!!」と励ましてくれる先生方がいます。
見捨てずにフォローして下さる先生方に感謝の気持ちで一杯です。
きっとこれからも色んな壁にぶつかる事もあると思います。
保育にも少しずつ慣れ、自信がついてくる時がくるかもしれません。
どんな時にでも感謝の気持ちと今この初心の気持ちを忘れずに、ひとつひとつ乗り越えていきたいと思います。

福岡女子短期大学2017.3卒 深町

平成29年度採用 山内先生

r2015052201

私がサルナートの森幼稚園の先生になってからまず思ったことは、
子どもたちの目線を大切にするということです。今まで実習や研修では
自分が先生として子どもたちと関わることを心掛けてましたが、実際
に先生になってからは子どもたちの目線に立つことで新たな発見や学びがあり、
そうすることで一緒に楽しんだり喜んだんだりすることができるのだと感じました。
先生になってから毎日子どもたちの笑顔に癒され元気をもらい、
「明日はもっとこうしてみよう。」と目標を持って保育に挑むことができます。
クラスを持つことで子どもたちの小さな成長を見ることもできる為、
これからもその瞬間を見逃さないように一日一日を大切に笑顔で過ごしていきたいです。

中村学園大学短期大学2017.3卒 山内

平成27年度採用 山本先生

リクルート01

サルナートの森幼稚園で今年から副担任として勤め始めました。一日のカリキュラムなど先生たちが一緒に話し合い計画を立てるのでとてもわかりやすく、安心して保育を行えています。同じクラス、学年の先生から日々の保育のアドバイスやコツを直接聞いて学ぶことができます。行事の担当などを任せられることは緊張しますが、子ども達の前に立つことに慣れ、保育の仕方や行事の運営について学ぶことができます。わからないことは相談に乗ってくださるので、幼稚園の先生として成長できる良い機会だと思い、頑張っています。

子ども達は、何事にも興味を持って取り組む様子が見られます。農園で自然に触れる機会が多いため、子ども自身で気づき、活動することが出来るのだと思います。また、子ども達同士で声を掛けあい、助け合う姿をよく見ます。同じクラスだけでなく、年少児に対して世話をしたり、優しく接したりできる思いやりのある子どもたちばかりです。

このような素晴らしい環境の中で小さな頃からの夢を叶えることが出来て幸せだと思っています。

筑紫女子学園短期大学部2015.3卒 山本

平成27年度採用 中島先生

中島先生リクルート03

サルナートの森幼稚園には、付属農園があり沢山の自然と触れ合えます。明るく伸び伸びとした雰囲気と、農園での活動がとても魅力的です。子ども達は様々なものに興味を示し、子ども達の感性から気づかされることや学ぶことはとても多いです。子ども達のいきいきとした姿や成長を目の当たりに出来るやりがいのある仕事だと感じています。先輩の先生方は、子どもの気持ちを一番に考え、いつも笑顔で心から楽しんで保育をしています。私も子どもたちを笑顔にできる保育を目指し、先輩方から多くのことを学んでいます。子ども達の喜ぶ姿や「ありがとう」の言葉に沢山のパワーをもらい、子どものころからの夢である幼稚園教諭になれた喜びを感じています。

学生の頃に、本園で実習をした際、どの先生に質問しても優しく丁寧に対応してもらい、心が和らいだことを覚えています。子どもの前に立ち、保育をすることはドキドキしますが、この幼稚園で新しいことに挑戦してみたいと思いました。のびのびと楽しんで保育の出来る温かい幼稚園だと思います。

筑紫女学園大学2015.3卒 中島

平成26年度採用 田中先生

003
私がサルナートの森幼稚園を選んだのは、次の2点に印象を抱き、魅力を感じたからです。
まず、本園の幼児教育の基本を“遊び”と捉えているところです。教育方針に沿った教育を中心として、生きる力の基礎を遊びから培っていこうと目標に掲げています。幼児期の幼児らしさは、遊ぶことで大いに発揮されると同時に生きる力(心情・意欲・態度)は、遊びの中から生まれる楽しさや悔しさや面白さといった経験が一番の原動力となって培われていくものであるという考えに共感を覚えました。また、四季折々の植物に触れ合うことができるところも魅力的です。自然の美しさやいのちの尊さももちろん大切な学びですが、子どもの豊かな心や情緒の安定に開放的な空間の存在は必要だと考えています。
続いて先生方の保育中の姿が明るく活気に溢れているところです。
私は3日間の自主実習をさせていただきました。
その際、園全体の明るい雰囲気がひしひしと伝わってきたことを覚えています。子どもたちののびのびとした姿ももちろんですが、やはり印象深く感じたのは、先生方の素敵な笑顔や明るい声、元気な姿でした。この先生方のパワーは、本当に力強いもので、このパワーが園を明るい場所へ導いているように感じました。そんな明るく元気な先生方に囲まれているからこそ、子どもたちは明るく笑顔が絶えない日々を送ることが出来るのだと感じ取り、私も子どもたちにとっての楽しい日々を一緒に過ごしたいと思う気持ちを大切にしたいと思いました。幼稚園の仕事は決して楽ではなく、大変なことも多いと思いますが、その分やりがいや達成感が感じられ、子どもの成長を傍らで感じることのできる素敵な仕事だと思います。私はそのやりがいや喜びをサルナートの森幼稚園の先生として、感じたいと心から願い、先輩の先生方の様子をしっかり見ながら、幼児らしさを尊重した保育とは何か、また、先生の姿とはどうあるべきかなど日々研究していきたいと感じました。

中村学園大学2014.3卒 田中

平成26年度採用 永松先生

002
私はサルナートの森幼稚園で実習をさせていただき、最初に園を訪問した際にとても印象的だったのが、この園の明るくのびのびとした雰囲気です。
まず先生方が素敵な笑顔で心から楽しんで保育をされている様子が伝わってきて、子どもたちもそのような温かい雰囲気に包まれながら、思い切り遊び、のびのびと育っていることがよく分かりました。また、先生方の子どもたちに対する姿勢がいつも一生懸命で、子どもと同じ目線に立ち、一緒に喜び、楽しみ、考え、物事に取り組んでいらっしゃる姿を見て、私もそのように、子どもと真から向き合うことのできる先生になりたいと考えました。
また、先生方同士でも挨拶などを始め、たくさん声を掛け合っておられ、チームワークの良さも、私が感じたサルナートの森幼稚園の魅力のひとつです。
子どもたちも先生方も、お互いのことが本当に大好きだということが伝わってきて、そこに信頼関係の深さを感じました。幼稚園教諭という職業はやりがいのある分、大変なことも多いとは思いますが、このサルナートの森幼稚園なら
“心から子どもが大好きだ”という気持ちをいつまでも忘れることなく、子どもの成長に関わっていくことができるのではないかと感じたため、志願しました。

中村学園大学2014.3卒 永松

平成26年度採用 大蔵先生

001

ドバイスしてくださり、安心して実習に取り組むことが出来ました。視野が広く、何にでも気遣いが出来、明るく笑顔で何事にも全力で取り組んである姿に尊敬するばかりで、私もその中に入り、学ばせていただき吸収していきたいと考えています。また、サルナートの森幼稚園を卒園した私が、経験したこと、楽しかった事、嬉しかった事、等色々なことを自分なりに伝えていきたいと考え、志願しました。

筑紫女学園短期大学2014.3卒 大蔵